「東京2020」 本日開会式

東京の新型コロナ新規感染者数も気温も鰻上り。 そんな中 「東京2020」開会式が執り行われますね。 それに先立つこと本日正午0時40分頃から ブルーインパルスが国立競技場上空を中心に飛行しました。 (長女宅上空で撮ったとの事。) 因みに、これは…

お客様は、お姫様・・・って? 神様なら知ってるけど。

今日は野暮用があって、北千住から船橋までのお出かけ。東武線から京成線に乗り換えます。成田空港と上野を結ぶスカイライナーが「京成関屋駅」をピユ〜って通過して行きます。 ん???ちょっと待て待て、なんて書いてあるんじゃ?? 「お客様は、お姫様。」…

「テレワーク」・・・ねぇ。

第一回目の緊急事態宣言発令は、2020年4月でした。 2020年4月7日に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に 緊急事態宣言を行い、4月16日に対象を全国に拡大。 でもって、「テレワーク」が盛んに言われるようになりました。 特定警戒都道…

梅雨明けは・・・間近か!?

今日の夕方少し前の空(南西の方向です、右手が西) この先辺りに富士山がある筈です。 この雲からは間も無くの梅雨明けを予感させます、素人見立てですがネ。 なんてことを思っていたら 東京の今日の新型コロナ新規陽性者数は1,308人だそうです。 7月16…

新型コロナウィルスワクチン、二回目の接種完了し一週間経過。

「新型コロナウィルスワクチン接種のお知らせ」が区役所から届いたのが・・・四月の初め頃だったですかね。 で、ワクチン接種の予約開始が5月の連休明け、5月6日朝8時開始でした。 御多分にもれず、朝8時ジャストにスマホでネット接続開始!!・・・も…

天を突く! タチアオイくん

梅雨の兆しがジンワリと高まって参りました東京地方、朝晩は意外と涼しくて気持ちがいいもんです。 週四日ほどのアルバイト先への通勤道九段の坂、結構きついんですよ、これをエッチらおっちらと登って行くと・・・ この時期の花、タチアオイ今日も頑張って…

西尾久の「ブーゲンビリア」

ぱっと見・・・ 薔薇の花、ほら小ぶりの花が咲くヤツがあるでしょ、 それかと思っちゃいました。 仕事の合間の景色。キレイじゃんんか。 相方がその庭先に近づいて行って、そのおうちの方と話を。 咲いたんだそうです。

臨床の砦 --- 夏川草介 --- 小学館

現在(2021/5月の頃) 日本中が新型コロナウイルスの猛威に曝されている事態だ。 でもって、緊急事態宣言は、一都一道二府六県に発令中。 そんな今、時宜を得た「本」。毎朝通勤途上で聞いているポッドキャスト「朝日新聞 ニュースの現場から」で著者の夏川…

今日も軒先の花

「同行援護」の利用者さん宅に向かう道すがら。 軒先に咲いていました。手入れされていて綺麗です。思わずパチリです。 ん?花の名前?? いいじゃないですか 綺麗なんですから。

えっ! やめるって・・・絶句。北千住「大黒湯」

北千住は寿町にある「大黒湯」 思い返せば・・・最初の記憶は2014年の11月だ。 長年勤めた会社を定年退職して半年ほどブラついたがジッとしていられなくて「同行援護」の資格を得て、目の不自由な方を市中案内する”仕事”に就いた。 そして、暫くして銭湯に案…

続・花、はな、ハナ・・・

花、ハナ、はな・・・

撮りためた春の花さん達・・・ その色に魅せられて パチリとした「景色」です。 おっ! これは・・・婆さんに届けられた 母の日 向けのお花だ ありがとう、お嫁さん。

医療記者のダイエット --- 朽木誠一郎 --- 角川書店 

読んだ「ダイエット関連本 」第2弾。 最近は通勤途上にイヤフォンを耳に挟み込んで、音声によるニュースとか時事を聞いています。 コレはその一つ、朝日新聞ポッドキャスト「ニュースの現場から」の”記事”で紹介されていた「本」 いわゆる・・・How to モノ…

昨日から一転平年並みの気温に、コレ年寄りには危ないぞ!!

ええ、自分に言い聞かせているんです。 とは言うものの、コロナ禍下ではありますが・・・続・ご近所散策。 桜が終われば花水木 北アメリカが原産地だそうです。日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.…

春爛漫 --- ご近所散策 ---

この日もいいお天気。お仕事はシフトによりお休みだ。 あれこれの能書きは・・・本日省略。 って、実は花の名前知らないモンでね やっぱり 春は良いねぇ〜

春爛漫 --- 九段の坂、界隈 ---

地下鉄東西線の九段下駅を降りて、九段坂方面の出口を出ると 「田安門」のトコ、こんな景色 ずっと奧の金の玉は・・・日本武道館ですよ 菜の花の黄色は・・・ノスタルジックです 子供の頃を思い出します コレ 桜の花びらが舞っているんです 見えますかね 今…

春爛漫 --- ご近所の風景 ---

自宅マンションから歩いて数歩・・・じゃなくて数分の 我が足立区役所庁舎と桜 足立区は桜に関してはチョイとうるさいですよ詳しくは・・・調べてみてチョ 我が住まい(マンション)の庭に咲く・・・ 何ちゃら 毎年の様に、このブログにUPしてます キレイで…

「空腹」こそ最強のクスリ --- 医学博士 青木 厚 --- アスコム

読んだ「ダイエット関連本」第1弾 。 ここんところ・・・「スレンダー」と言う単語にはトンと縁遠くなってますが、チョイと懐かしくなってこんな本を手に取りました。 なるほど、コリャいいや。 ◇ 肥満解消だけが目的であれば、空腹の時間が12〜14時間程度…

九段・千鳥ヶ淵の若木桜

週3ないしは4日のアルバイト先への通勤道 九段下駅から靖国神社へ九段の坂を登って行きます 結構・・・キツイ上りですわ インド大使館の正面あたりに、まだ若い桜の木 ワカイっていいですねぇ、花があると言いますがまさに それ! これを写したのは、今週…

赤塚溜池公園 - 板橋区立美術館 - ぴっぽのたび

今日のCSS業務は都内の北方面を巡りました。 途中「赤塚溜池公園」を通過します。 梅が咲いてます、いいですなぁ・・・花の香りが漂っています。 で、ふと思い出しました。 もう、七年ほどの前になるんですか、この公園内にある「板橋区立美術館」へ多忙な業…

二月と言うのに、暖かい一日でした。

東京地方は、 天気予報通り今日は暖かい一日になりました。 この時期に20℃を超えたのは五年ぶりだそうですね。 股引きも履かず、長袖のヒートテックも纏わず・・・ 街中を出歩くと、薄らと汗ばむ日でした。 そういえば、きのうは 「上弦の半月」 だったそ…

任侠シネマ --- 今野 敏 --- Kindle本(中央公論新社)

バイト先の同僚からすすめられて、「書房」「学園」「病院」「銭湯」と来て最終の「シネマ」だ。 いやぁ、ハマった嵌った。 阿岐本組人情一家が、北千住の「千住シネマ」 を立て直すハナシ。 2020年5月20日 発行 発行所 中央公論新社

任侠浴場 --- 今野 敏 --- Kindle本(中央公論新社)

バイト先の同僚からすすめられて、ハマったこの「仁侠」シリーズ。 例によって、阿岐本組人情一家が、傾きかけた家族経営の銭湯に乗り込んで立て直す話。「銭湯」「お風呂」の存在価値を問いかける物語だ。 2018年8月31日 発行 発行所 中央公論新社

変わらぬ・・・日々で、ありたい。

令和の世になって・・・はや三年? じゃぁないな、二年とチョットだな。 CSS業務は週四日ないしは三日。九段の靖国神社の近くまで通う日々だ。日によってはドトールでモーニングを喰らう。 外は靖国通り、都心方面への車が多いですね。今日気づいたけど、「…

任侠病院 --- 今野 敏 --- Kindle本(実業之日本社)

バイト先の同僚からすすめられて、「書房」「学園」 ときて今日は「病院」だ。この後は「銭湯」「シネマ」とくる。 ・・・今日中にこのシリーズ読了だな。 登場人物は阿岐本組のご一同様。赤字垂れ流しの病院に乗り込んで、病院の補助業務を高額な費用で一手…

任侠学園 --- 今野 敏 --- Kindle本(中央公論新社)

「任侠書房」に引き続いてのコレ。 阿岐本組一家による荒れた高校の立て直しの話。学校法人と高等学校の名前「井の頭学院・井の頭学院高等学校」 荒れた高校生がまともになっていく過程が・・・思い返しても、泣けてくる。ヤッパリ、一所懸命な若者の姿を見…

任侠書房 --- 今野 敏 --- 中公文庫

ここのところ、気の滅入ることが多くて、バイト先の同僚に愚痴ったら「このシリーズを読め」と勧められた。 「任侠道をわきまえたヤクザ」 阿岐本組の、阿岐本組長以下、日村代貸と組員(健一、稔、テツ、真吾)が、倒産寸前の「梅之木書房」を立て直すドタ…

龍神の雨 --- 道尾秀介 --- 新潮社(電子本)

大晦日から正月にかけて、久々に「本」 を読み上げた。 きっかけは、年末伺いをかけた従姉妹が、最近は読書していることが多い、と言うのでその書名を訪ねたところ・・・これを何回目かで読んでいると言う。 何回も?少し。。。唖然。なら読んでみるかとなっ…

2021年 謹賀新年

ことしに入っても新型コロナは相も変わらず「with」ですが まぁ「無事」(と言っていいんでしょうな )明けましたね 住まいのベランダから初日の出・・・からやや経ってからの景色 東京地方は快晴です 今年も例によって、始発の都バスに乗って 西新井大師へ …

もう「初冬」と言っていいですな。

今日は朝の景色。 いよいよ気温が下がってきましたよ。「冬」とは言いませんが・・・着々と向かっています。 日中の着るものは、すでに「高齢者」の枠組みに入っていますので、早めの「厚着」じゃなくて・・・重ね着を心がけています。